転職の際に知っておいた方が役に立つ情報

医師転職の際には、幾つかの知っておきたい情報があります。
実際には数え切れないほどあり、情報をどれだけ獲得しているのかも転職には重要になってくるのですが、多忙な医師はそこまで情報収集に時間をかけることも難しいでしょう。

ここでは、できる限り知っておきたい、医師転職に役立つ情報をピックアップ。
これらを知っておくだけでも、転職活動の方向性や活動方法そのものが変わってくるかもしれません。

医師の平均年収

一つ目の情報は、平均年収について。もちろん、医師の収入のお話です。
医師として働いていても、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。
例えば、勤務医だけに焦点を当てると、だいたい1100万円が平均的な年収になると言われています。

ただ、データを取る機関によっては1500万円程度が勤務医の平均の年収額と出ることもあるため、実際には1200万円から1300万円ほどと見ておいた方がいいかもしれません。
開業医も含めると、おそらく1500万あたりから1800万円あたりになるのではないでしょうか。

求人情報を見ると、この平均額程度の待遇を提示している医療施設が確かに多く見受けられます。
経験年数などにもよりますが、上で挙げた数字を一つの基準として転職先を探してみてもいいのかもしれません。

医師に人気の診療科

次に、人気の診療科について。
人気のある診療科を知ることでその分野のメリットや良さを認識し、転職によってそれを目指すという考え方もあるでしょうし、逆に人気があまりない診療科を敢えて選ぶことで高収入を狙ったり、あるいは社会的な貢献を目指すという考え方もあるでしょう。

診療科を人気という視点で見るのはなかなか難しいものの、端的に言ってしまうと、人の命に直接関わるような分野・領域ではない診療科は、やはり転職先としては人気なのかもしれません。

例えば、内科や精神科、整形外科や耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、眼科など。
大掛かりな手術などをあまり必要とせず、医療事故などにもつながりにくい診療科は、やはり転職先として選ばれることが多くなっています。
最近では、在宅医療科なども需要が増え、また、年齢を重ねたベテランの医師の転職先としても注目を集めてきています。

病院が抱える問題と病院の経営状態

医師転職を行う際に必ず注目しておきたいのは、病院が抱える問題です。
医師不足や看護師不足、これは多くの病院が抱える問題であり、改善が急務と言われている課題でもあります。
これもやはり、敢えて医師が不足している地域や分野、病院に転職することに、一つの意義が見出せるのかもしれません。

また、赤字経営の病院が非常に多い点にも着目しておきましょう。
転職した先が赤字経営では、安心して働くことができないはず。

しかし、実際にはかなりの割合で経営の苦しい病院が存在しているため、転職活動中にはしっかりと各病院に関しての情報を集め、応募するか否かを慎重に決定する必要があります。