公的な立場の医師は、基本的には65歳で定年退職を迎えることになります。
例えば国立や各自治体運営の医療機関で働いていれば、それは公務員として働いていることになるので、他の一般の公務員と同様にこの年齢で定年を迎えることになります。

それ以外の病院では、扱いがそれぞれ異なってくるでしょう。
同じように65歳で定年となる病院もあれば、定年制度を設けていないところもあります。

年齢に関係なく働きたいと希望する医師の方が増えている

医師として働く人には、そもそも定年という概念がほぼないと言ってもいいでしょう。
特に最近は60歳や65歳を迎えても問題なく働けるだけの体力と意欲を持った人が多数おり、医師に限ったことではありませんが、定年退職後に再就職する人も徐々に増えてきています。

医師はさらに、その数が不足していることもあって、各医療施設も若い人材ばかりを欲しがるような傾向は見られません。
年齢を重ねていても問題なく働けるのであれば是非と考えているところが大半でしょう。

定年後の医師を確保したい医療機関や地方自治体

むしろ、ある程度の年齢を重ねていることを重要視する医療施設の方が多いかもしれません。

年齢を重ねているということは、それだけ経験も積み上げているということ。
経験があればあるほど信頼されるのが医療従事者ですから、定年を迎えるような年齢に達していたとしても、その経験とスキルが重宝されるのは当然のことでしょう。

もし今現在勤めている病院で定年し退職を余儀なくされた場合には、転職してみてはどうでしょうか。
ここまで説明してきたように、多くの経験を持つ医師は多くの医療施設が欲しています。

定年後の医師は、働く意欲さえ持っていれば転職は可能であり、そればかりではなく、これまでよりもいい条件で働くことすら可能なのです。

医療施設に限ったことではありません。
高齢者のための介護施設でも医師の存在は不可欠ですし、一般企業でも医師免許を持った人を募る求人は多々あります。
経験を持っていればそれだけ選択肢も広がりますし、面接を受けても一向に採用してもらえないということもないでしょう。
定年後の医師の転職事情は非常に明るいと言えるのではないでしょうか。

定年後でも転職エージェントで転職先を紹介してもらう

どのような選択肢があるのか、自分にはどのような転職の仕方が合っているのか、これが分からなければ転職エージェントなどに相談してください。

普通のサラリーマンとして働いてきた人が定年後にエージェントなどに相談をしてもほぼ相手にされませんが、定年後の医師は別。マッチングの末、ベストな転職先を紹介してくれるはずです。

大事なのは働く意欲と決断力です。
それがあれば第二のキャリアをスタートさせることができますし、医師としてまだまだ社会に貢献していくこともできるでしょう。

画像出典元:https://www.dr-10.com/